NEWS

新着情報
ダミー
 2002/06/05


トラック運送事業者の安全性評価事業がスタート

平成15年度貨物自動車運送事業安全性評価事業

これからの貨物自動車運送事業は、今まで以上に“安全性”の視点から優良な事業者が選ばれる時代です。
利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する「貨物自動車運送事業安全性評価事業」がスタートしました。
 ★詳しくは、全日本トラック協会ホームページ(下記リンク)から
   URL: http://www.jta.or.jp/tekiseika/anzensei/hyoka.html

 2002/10/07

 バス事業における飲酒運転の防止に係る緊急対策について

国土交通省記者発表(10/07)
去る10月5日に(株)千葉観光の運転者が酒気帯び運転で逮捕されるという事態を受け、より一層強力に飲酒運転の防止を図るため、(社)日本バス協会に、対策を緊急に実施するよう通達した。

以下通達内容詳細は国土交通省ホームページをご覧下さい。
URL
:http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/09/091007_.html

 2002/09/06

 運送事業者のためのグリ−ン経営推進マニュアル

 トラック運送事業におけるグリーン経営( 環境負荷の少ない事業運営 )を推進するためのマニュアルが作成されました。(交通エコロジー・モビリティ財団)
 
ISO14000シリーズに基づいて作成された本マニュアルを活用することで、中小規模の事業者でも環境改善に向けた取組みの目標設定とその評価が容易になり、自主的で継続的な環境保全活動を行うことができます。

詳しい内容は、交通エコロジー・モビリティ財団ホームページをご覧下さい。

URL:http://www.ecomo.or.jp/topix/green2.htm

 2002/08/27 

「自動車保有関係手続のワンストップサービスのグランドデザイン」決定

自動車保有関係手続のワンストップサービス化とは自動車を保有するために必要な多くの手続(検査・登録、保管場所証明、自動車諸税の納税等)を、オンラインで、しかも一括して行うことができるようにするものです。

これについて、、「自動車保有関係手続のワンストップサービス推進関係省庁連絡会議」(議長 伏屋内閣官房副長官補)から、グランドデザインが発表されました。

関係詳細情報は、国土交通省ホームをご覧下さい。
URL:http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/09/090820_.html
 

 2002/08/24 

軽自動車の字光式ナンバ−が9月1日(運用は2日) から登場します。

軽自動車検査協会においては、平成14年9月1日から全国24都府県(49地域)で軽自動車に字光式ナンバープレートを導入することとしました。
 軽自動車の字光式ナンバープレートに対しては、従来から登録自動車にはあり軽自動車にはなかったことから、ユーザーから軽自動車にも導入して欲しいとの声が寄せられてきました。
 このため、平成9年から検討を進め、技術的な問題が解決したことから、この度、導入となりました。

1. 実施期日
 平成14年9月1日(24都府県49地域)
 対象車両番号:
 品川、練馬、足立、多摩、八王子、横浜、川崎、相模、湘南、大宮、
 春日部、熊谷、所沢、群馬、千葉、習志野、野田、袖ヶ浦、水戸、土浦、
 宇都宮、とちぎ、山梨、名古屋、尾張小牧、三河、豊橋、静岡、沼津、浜松
 岐阜、飛騨、三重、福井、なにわ、大阪、和泉、京都、神戸、姫路、奈良、
 滋賀、和歌山、広島、福山、鳥取、島根、岡山、山口
 平成14年11月1日(23道県38地域)
 対象車両番号:
 札幌、函館、室蘭、帯広、釧路、北見、旭川、宮城、福島、いわき、山形、
 庄内、秋田、岩手、青森、八戸、新潟、長岡、長野、松本、富山、石川、
 香川、徳島、愛媛、高知、福岡、北九州、筑豊、久留米、長崎、佐世保、
 大分、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
2. 対象車種及び車両番号
 @ 対象車種:自家用軽自動車
 A 車両番号:分類番号の末尾を7にすることで全国を統一化
         貨物47、乗用57、特種用途87
※登録車とは、道路運送車両法第4 条の登録自動車のことで、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の 小型自動車を除いたものをいう。
memorandum
 字光式ナンバーって?
  字光式ナンバーは(自光式とも言う)別名『光ナンバープレート』と呼ばれて いて、
  その名の通りに数字の文字がランプで光る仕組みになっている